フラミンゴレギンス

失敗しないフラミンゴレギンスのサイズの選び方【本気の人だけ見てください】

「フラミンゴレギンスめっちゃ気になる! でも、通販限定だからサイズ選びが難しいなぁ」

「ネットで注文する前にサイズ選びで失敗しない方法が知りたい」

フラミンゴレギンスは着圧系下着なので自分にピッタリのサイズを選びたい。

だけど、商品が目の前にないのでサイズ選びが難しいですよね。

私も実際に注文する前にはサイズ選びが不安でした。

 

この記事ではフラミンゴレギンスのサイズ選びで間違えたくないというあなたの不安を解消します。

フラミンゴレギンスのサイズの選び方や注意点をお伝えしていきますね。

ぜひ参考にしてください♪

履くだけで美しく!フラミンゴレギンスの効果の秘密を見に行く>>>

フラミンゴレギンスはサイズ選びを間違えるとヤバい

サイズは大事

フラミンゴレギンスはサイズ選びを間違えると効果が発揮できません

理由はサイズが合わないと正しい部位に着圧できないためです。

 

サイズが合わないパターンには、

  • 大きすぎる場合
  • 小さすぎる場合

の2通りがあります。

フラミンゴレギンスが大きすぎる場合

フラミンゴレギンスはカラダを締めつけることで刺激や引き締め効果が発揮できます。

 

フラミンゴレギンスが自分のカラダに対して大きすぎる場合、ほとんど締め付けがなくなってしまうので効果がなくなります。

 

せっかく着圧下着を買ってもこれでは意味がありません。

フラミンゴレギンスが小さすぎる場合

一方で、「締め付けを強くすれば効果が出るなら、小さいサイズを選べばいいんだ」と思うとそうでもありません。

 

自分が当てはまるサイズ範囲を超えて小さいサイズを選んだ場合、各部位を適切に引き締めることができません。

 

また、そもそも履くことができないかもしれません。

美しいカラダを目指すには履き続けるのが一番なので、履けないのでは意味がありません。

 

シェイプアップ効果を得るために自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。

 

それでは、ここから失敗しないフラミンゴレギンスのサイズ選びを解説していきますね。

失敗しないフラミンゴレギンスのサイズ選び

まずフラミンゴレギンスのサイズ展開をご紹介します!

サイズを確認して自分に合ったサイズを見つけましょう。

フラミンゴレギンスのサイズの対応範囲を確認

フラミンゴレギンスのサイズ表がこちらです。

フラミンゴレギンスサイズ表
サイズ 部位
ウエスト ヒップ
M-L 64 cm ~ 77 cm 87 cm ~ 100 cm
L-LL 69 cm ~ 85 cm 92 cm ~ 105 cm

サイズ展開は「M-L」と「L-LL」の2パターンのみです。

自分のサイズを測定する

フラミンゴレギンスのサイズを確認した後は、自分のサイズを測定します。

測定する部位はウエストとヒップの2か所。

ここで正しくサイズを測ることがフラミンゴレギンスの効果を発揮するために重要です。

 

「サイズの測り方なんて知らないよ!」という方のために、こちらの記事でサイズの測り方を詳しく解説しましたので参考にしてください。
フラミンゴレギンス購入前に必要なサイズの測り方

自分のサイズに合ったフラミンゴレギンスのサイズを選ぶ

あとは、フラミンゴレギンスのサイズ表から自分に合ったサイズを選ぶだけ。

自分に合ったサイズを選べれば24時間美ボディは目の前です。

↓家にいながら美ボディに↓
美ボディの秘密を見に行く>

フラミンゴレギンスのサイズ選びの注意点

フラミンゴレギンスのサイズ選びの注意点

ここからはフラミンゴレギンスのサイズ選びの注意点をご紹介します。

例えば、ウエストとヒップのサイズのどちらかが「M-L」サイズに収まらなかったとき、どちらのサイズを選ぶべきか、などです。

その他では、「M-L」サイズの範囲より小さいカラダの場合も悩みどころですね。

自分がめっちゃ悩んだところなのでまとめてご紹介します!

フラミンゴレギンスのサイズはウエストとヒップで大きい方を選ぶ

自分の身体のサイズを測定したときに、ウエストかヒップが「L-LL」サイズの範囲だった場合、「L-LL」サイズを選ぶのが良いです。

サイズの例

ウエストとヒップのサイズ測定の結果が下記の場合。

  • ウエスト:67cm
  • ヒップ:101cm

この場合、フラミンゴレギンスのサイズは「L-LL」サイズを選びましょう。

自分のカラダがサイズ範囲より小さい場合は効果が弱まる

フラミンゴレギンスのサイズ範囲よりカラダが小さい場合、着圧が弱くなる可能性があります。

そのため、十分な引き締めができないので、シェイプアップ効果などを得られない可能性があるので注意が必要です。

もしそれでも試してみたいという時は「M-L」サイズを選んでくださいね。

自分のカラダがサイズ範囲より大きい場合は負担が強すぎる可能性もある

逆にフラミンゴレギンスの提供サイズよりカラダが大きい場合、フラミンゴレギンスを履くことはカラダへの負担が強くなりすぎる可能性があります。

 

例えば、昔履いていた細身のジーンズがちょっと太ってしまって履けなくなってしまったと想像してください。

無理やり細いジーンズを履いた場合、おなか周りや太もも部分がキツくて苦しいだろうなと思いませんか?

 

小さすぎるフラミンゴレギンスを履いた時は、ジーンズの例と同じように下半身全体に強い負担がかかってしまいます。

 

また、小さいサイズのスパッツの利用に関して、国民生活センターから「加圧を利用したスパッツの使い方の注意喚起」がされていました。

適正サイズより小さいサイズを着用すると、特に「しゃがむ」姿勢をしたとき、膝の衣服圧が高くなった。

引用元:国民生活センター

この注意喚起によると衣服圧が高すぎる場合、静脈血が停滞しやすくなる可能性があるとのこと。

 

万が一のことを考えて、ウエストは85 cmまで、ヒップは105 cmまでに収まる場合に購入するようにしましょう。

 

どうしても試してみたい場合は「L-LL」サイズの単品購入で一度試し履きしてみるのが良いでしょう。

自分のサイズがどちらも選べる場合はM-Lサイズを選ぶ

フラミンゴレギンスの2種類のサイズは一部カバー範囲が重なっています。

重なったサイズ範囲
  • ウエスト:69 cm ~ 77 cm
  • ヒップ:92 cm ~ 100 cm

自分のサイズがこの範囲にある場合はどちらのサイズを選べばよいのでしょうか。

 

この場合は、小さいサイズを選ぶのが良いでしょう。

大きいサイズを選ぶと締め付けに満足できなくなってしまうからです。

失敗しないフラミンゴレギンスのサイズの選び方 まとめ

フラミンゴレギンスのサイズ選びの注意点をご紹介してきました。

ここでまとめておきましょう。

フラミンゴレギンスのサイズ選びの注意点まとめ
  • 購入前に自分のカラダのサイズをちゃんと測定する
  • ウエストとヒップで異なるサイズなら「L-LL」サイズを選ぶ
  • 「M-L」と「L-LL」の重なったサイズ範囲に入っているなら「M-L」サイズを選ぶ

サイズを正しく選べずに効果が出ないのは本当にもったいないです。

サイズが合っていれば痩せたりむくみが取れたりする効果が期待できます。

あなたもサイズ感ぴったりのフラミンゴレギンスを使って本物のくびれを手に入れましょう。

↓家にいながら美ボディに↓
あなたの本当の美しさを取り戻す>